成分分析ブランディング

食品の品質を
科学的に証明します

FIND YOUR SHINE , WITH FOOD SCIENCE

科学 × ブランディング

成分分析ブランディングは、いいものをつくる生産者が、相場よりも高く食品を売るためのサービスです。食品の味の良さ、栄養、機能、安全性といった目には見えない価値を数値化し、わかりやすいレポートにまとめて納品します。

※申し込みが殺到しているため、分析前のオンライン相談に1ヶ月以上お待ちいただく場合がございます。申し込み順に案内をさせていただきますが、予めご了承ください。

こんな困りごと
ありませんか?

成分分析ブランディング
たとえば

生産者

丹精込めて作った食材をアピールしたいけど、どこが強みなんだろう?

成分分析ブランディング
たとえば

食品メーカー

開発した商品の機能や効果を具体的に広報したい

成分分析ブランディング
たとえば

サプライヤー

仕入れてもらうために自社の食品がどれだけ安全か知りたい

あなたの食品を科学的に
数字で差別化しましょう

成分分析ブランディングは、自社と他社の食品の品質を数字で比較します。他社の食品と比較して、優れた品質を証明することで、ブランド価値を向上。「高く売る」ことをサポートします。
※基本的に原材料以外の添加物を配合した食品は、分析をお断りさせていただきます

OUR SERVICE

安心できるサービス

早い、安い、分かりやすい
成分分析ブランディングは、品質の高い食品をつくる生産者を応援するために生まれました。そのために、これまでの成分分析のサービスを見直して早く、安く、わかりやすく刷新しました。

詳しい紹介はコチラ

成分分析ブランディングのセミナー資料です。
サービス誕生の背景や事例の詳細を解説させていただきます。


成分分析ブランディング

かんたんなオーダー

まずは申込みページより、ヒアリングシートにご記入ください。調査したい食材・食品に対し、どのような成分を調べると効果的であるか、幅広い専門知識と経験からご提案します。お気軽にご依頼くださいませ。


成分分析ブランディング

わかりやすい分析結果

分析データに加え、調査結果から見出せる結論をわかりやすくまとめた上で、レポートを納品します。解読できないデータや数字は決してお渡ししません。


成分分析ブランディング

ためしやすい価格帯

外部研究機関と連携したラボレス体制を取り、正確な分析を最小限のコストで提供します。さらに、やりとりをすべてオンラインで行うことで、コストをカット。いいものをつくる生産者が、使いやすい低価格を実現しました。


PRICING

安くてわかりやすい
料金プラン

食品の品質の証明が10万円から。
分析をする項目数によって料金が変化します。


料金の内訳

成分分析ブランディングの料金は、分析費用 + レポート費用 + オプション(任意)の合計金額です。

+

分析費用


3万円~

+

レポート費用


7万円

オプション


任意

詳細

分析費用 分析する項目数によって料金が変わります。
詳細はコチラをご覧ください

レポート費用: 7万円 分析結果のレポートを作成します。一律7万円です。
オプション: 任意

● プレスリリース作成・配信サービス:20万円/回
成分分析の結果を元にプレスリリースを作成し、メディアに配信します。

内容

1.配信情報の整理
2.取材(リサーチ+インタビュー)
3.プレスリリースの作成(デザイン+執筆)
4.プレスリリースの配信
※ PR TIMESにて成分分析ブランディングのアカウントから配信します
※ 分析結果によっては、配信をお断りさせていただく場合がございます

プレスリリース作成・配信サービスの事例は以下

CASE STUDIES

事例紹介

CASE STUDY 01

3840倍
  • 成分分析ブランディング
  • 成分分析ブランディング

一般流通する食用バラと比較して YOKOTA ROSEは約3,840倍の香り高さを有している

分析の結果、YOKOTA ROSE は一般流通する食用バラと比較して、著しく多い香気成分を含有しており、食用バラとして品質が非常に優れていることが証明されました。

ITEM
YOKOTA ROSE
TYPE
食用バラ
CLIENT
横田園芸
成分分析ブランディング

事例の紹介記事

詳しく見る

成分分析ブランディング

分析結果の概要

詳しく見る

成分分析ブランディング

納品した分析レポート

詳しく見る

成分分析ブランディング

プレスリリース

詳しく見る

CASE STUDY 02

2倍
  • 成分分析ブランディング
  • 成分分析ブランディング

魚伝の職人の干物は旨味を約2倍含み、魚臭さが50%~73%少ない

魚伝で製造された干物は、工場生産の国内大手メーカーA社の干物と比較して、多くの旨味成分を含有しており、魚臭さが少ないことが証明されました。さらに商品ごとの品質のバラつきが少なく、品質が安定していることが明らかになりました。

ITEM
伝統製法の干物
TYPE
干物
CLIENT
真鶴干物専門店魚伝
成分分析ブランディング

事例の紹介記事

詳しく見る

成分分析ブランディング

分析結果の概要

詳しく見る

成分分析ブランディング

納品した分析レポート

詳しく見る

成分分析ブランディング

プレスリリース

詳しく見る

CASE STUDY 03

旨味27倍
  • 成分分析ブランディング
  • 成分分析ブランディング

大森式流通が神経締めした魚は旨味が約2倍~27倍多い

大森式流通が処理した魚と野締めをした魚の比較。大森式流通が神経〆処理をした魚は、圧倒的に旨味が優れていることが証明されました。

ITEM
大森式流通が処理をした魚
TYPE
CLIENT
大森式流通
成分分析ブランディング

事例の紹介記事

詳しく見る

成分分析ブランディング

分析結果の概要

詳しく見る

成分分析ブランディング

納品した分析レポート

詳しく見る

成分分析ブランディング

プレスリリース

詳しく見る

CASE STUDY 04

のどに詰まりにくい餅
  • 成分分析ブランディング
  • 成分分析ブランディング

釜戸と薪火でつくる笠原餅店の切り餅は、やわらかさが約4倍、なめらかさが約2倍、くちどけの良さが約1.5倍である

笠原餅店の切り餅と工場生産の国内大手メーカーA社の切り餅の比較。釜戸と薪火で餅づくりに取り組む笠原餅店の切り餅は、食味に優れていることはもちろん「のどに詰まりにくい餅」ということが証明されました。

ITEM
笠原餅店の餅
TYPE
切り餅
CLIENT
笠原餅店
成分分析ブランディング

事例の紹介記事

詳しく見る

成分分析ブランディング

分析結果の概要

詳しく見る

成分分析ブランディング

納品した分析レポート

詳しく見る

成分分析ブランディング

プレスリリース

詳しく見る

MORE

成分分析ブランディング

全食材で
最も
多い

食用花ブランドAYUMIのビオラは全食材で最もポリフェノールが多い

ポリフェノール総量として5,000mg/100g程度を有し、世界で最も含有量が多いとされるマキベリーよりも多い。

ITEM
AYUMI
TYPE
食用花
CLIENT
EDIBLE GARDEN
椎茸

UMAMI
150倍

「椎茸祭」の原木椎茸は旨味が約150倍多い

無農薬の伝統農法で育てられた「椎茸祭」の原木椎茸と国産椎茸メーカーA社の原木椎茸の比較。椎茸祭の原木椎茸の驚異的な旨味が明らかになりました。

ITEM
原木椎茸
TYPE
椎茸
CLIENT
椎茸祭

Flow

納品までの流れ

ご安心ください。
流れは簡単です。

納品までの流れは以下の通り。難しいことは何もございません。安心してお問い合わせください。

1
事前のオンライン相談(お客さま)
2
ヒアリングシートへのご記入(お客さま)
3
見積書および契約書の提出(成ブ)
4
契約書へのサイン・発注(お客さま)
5
料金のお支払い (前払い)(お客さま)
6
分析サンプルの手配・配送(お客さま)
7
研究機関での分析(成ブ)
8
分析結果の納品(成ブ)

※成分分析ブランディングは、大学等の共同研究機関と連携し調査を実施しています。

NEWS

ニュース

SUPPORT

お気軽にご質問ください

担当者が回答します

成分分析ブランディングに興味はあるけれど、気になることがあって申し込みができない…。そんな方は、お気軽にご質問ください。担当者より回答をさせていただきます。

成分分析ブランディング

よくある質問と答えを見る


依頼前に悩むポイントなどをおまとめしました。事前にご確認ください。

詳しく見る

問い合わせフォームで質問する


当Webサイトのお問い合わせフォームからご質問いただけます。

質問する

Facebookで質問する


Facebookメッセンジャーからもご質問をお受けしております。

質問する

FINANCIAL SUPPORT

分析予算の目処が
立っていない方へ

成分分析ブランディングは補助金の対象です

広報・販路開拓・商品開発などの文脈で補助金をご利用いただけます。補助金の申請については、管轄の商工会や商工会議所よりサポートをお受けいただくとスムーズです。

成分分析ブランディング
1

成分分析ブランディングの申請


・ 小規模事業者持続化補助金がおすすめです
・ 予算上限75万円、補助上限額50万円(2/3補助)
・ 申請可能時期:年間を通して随時
・ 採択率60〜70%程度
2

補助金の代行サービスの利用


・完全成果報酬型の代行会社を推薦します
・以下の窓口よりお問い合わせください

補助金の代行サービスはコチラ